ニュース&トピックス

【どんなレッスンなのか?~『中級編』】箭島裕治eBASS塾

“リズムトレーニングの基礎っていうのはこの中でもやっぱ非常に重要なところかなと思います”

“ただメトロノームを鳴らしながら弾くだけではダメで”

“それを自分のリズム感のその要請にどうやって繋げるのかっていうのをここではご紹介したいなと思っております”

“そしてこの一番最後のこのハネるって言うの
はみんなねベースを習いに来る人たちがなかなか上手にできないところなんですけれども”

“ノウハウをですね、このシャッフルのところでみなさんにご紹介したいなと思っております”

詳しくは、上の動画をご覧ください。

※下記に動画の「中級編」の部分のみ抜粋して文字にしています。
ーーーーーーーーーーーーー
(動画)2:05~3:15 中級編
ーーーーーーーーーーーーーー
中級編です。中級編だいたいこういう風になっています。

技術の発展、16ビートの読譜、それからペンタトニック、ダイアトニックスケール、

そしてこの第5章ですねリズムトレーニングの基礎っていうのはこの中でもやっぱ非常に重要なところかなと思います。

やっぱいいベーシストっていうのは良いリズムで弾けること、あのすごいコードなテクニックがあってもリズムがペラペラではしょうがないわけで、

まぁだいたいベースを練習するときにはどなたもメトロノームも使ってると思うんですけれども、

ただメトロノームを鳴らしながら弾くだけではダメで、それを自分のリズム感のその要請にどうやって繋げるのかっていうのをここではご紹介したいなと思っております。

中級編続きます。
さまざまな音楽とベースラインですね、ロックと8ビート、ロックと16ビート、ファンクと8ビート、ファンクと16ビート、

そしてこの一番最後のこのハネるって言うの
は、

みんなねベースを習いに来る人たちがなかなか上手にできないところなんですけれども、

まあ長くベースを教えていく中で、僕がこうやったらいいんじゃないかなといろいろ培っ
てきたノウハウをですね、

このシャッフルのところでみなさんにご紹介したいなと思っております。

【箭島裕治eBASS塾とは】

本講座は、日本を代表するベース奏者、箭島裕治が主宰する箭島裕治eBASS塾です。
動画教材の特徴を活かして、塾長が現役のミュージシャンとして培った、グルーヴ感とテクニックを基本から伝授いたします。ベースとはどのような楽器なのか、他の楽器との関係性を意識した上で何を重視して練習すべきか等、具体的なアドバイスが満載の講座となっております。

【講座はこちら※サンプル動画あり】


http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/index.php?course_group_id=3021

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashiseira